--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.06.03

エゾサンショウウオの観察~番外編その2~

エゾハルゼミ

気温23℃ エゾハルゼミが狂ったように鳴いています
今日は「里返し」の2回目です*


孵化から36日目
飼育観察のために残しておいたエゾサンショウウオ
10匹のうち6匹を、採取場所に戻しに行きました。

残りの4匹の里帰りは・・もうちょっと先延ばし( ̄∇ ̄)


あれ?

ジャングル

草丈が伸びに伸びて・・
「スズメのお宿はどこじゃいな」ってかんじに・・( ̄д ̄;)

まあ、いいさ。こうゆうのは感だよ、感。
ザザザザザザっと道路から薮に飛び降りて目印の樹を目指して
ワシャワシャワシャワシャ歩くのだ。

ほら、近いよ、もうすぐだよ。

足下がぬちゃぬちゃ~~

周りの草の様子がさっきと違うでしょ。
なんてコトを大声で子供としゃべりながら気分はプチ探検隊♪

やっとこさ たどり着きました。

何匹見つけられるかな?

雨が少ないので心配していたんだけど・・
大丈夫、なんとかなりそうです。
よく見ると先に里帰りした兄弟達と、ここで育った兄弟達が
ちょろちょろ遊んでます。
名残惜しいけど、ここでお別れ。
じゃぁね元気でね~生き残るんだよ~~( ̄∇ ̄) 

雨が降るように祈っておくからね♪


*採取場所へ戻すための運び方について(逆に採取して持ち帰る場合も)

卵の状態なら現地の水ごと丈夫なビニール袋に入れて・・で、問題ないと思います。
運ぶ時の温度管理については、カエルやサンショウウオの場合どうしたって雪解け時期なわけだから、採取地の水温はどんなに日あたりのいい場所でも10℃前後。徒歩で運ぶにしても「保冷バック+保冷剤」は最低必要かな。ヒーターでがんがんに暖まってる車で運ぶなら・・もう絶対に保冷対策を!(10分程度なら、そう神経質にならなくても大丈夫だけど)

幼生中期(カエルなら後足生えた・サンショウウオなら前足生えた)の場合も「酸素補給」の件だけなんとかすれば卵と同じ方法で大丈夫だと思います。(でも、水はたっぷり多めにんね!)一番手軽な「酸素補給」の方法はホームセンター等で売られている「酸素を出す石」を使うこと。あと、できうる限りそ~っと運ぶ・・。ほら、人間でもプールで泳いでる時に他人と衝突したらかなり痛いでしょ。(まさか生き物が入ってる容器をバシャバシャと振る人はいないだろうけど)

成体まぎわの場合、季節はたぶん初夏の頃・・外気温は20℃軽く超えてますよね。なので、容器に充分水を含ませた水苔を入れる→容器ごと冷蔵庫で冷やす→生き物を水苔に潜り込ませる→保冷バックに保冷剤とともに入れて運ぶ・・で大丈夫だと思います。水に入れて運ばない理由は、下手をすると移動中に溺死するから・・・。一応は肺呼吸できる状態に育っているので皮膚の保水と、移動中の衝撃を減らすことと、温度に気を配ってあげればいいと思います。これは成体になってしまってからでも同じ。(この時期に採取場所に戻すことが一番多いと思う。成体になった両生類の餌付けって難しいもんね)餓死させてしまうくらいなら採取場所に戻すのが正解かも。かってな自己満足かも・・。むずかしいね(ー_ー)。。。
*他地域のモノや買ってきた生き物は、なにがあっても最後まで・・
最後は自宅のお庭に埋めましょう。( ̄m ̄)アイスの棒に戒名でも書いて・・
(病気になった個体も、すでに弱ってしまった個体も採取場所には持ち込まないようにね~~)な~~んてね、いまさら解り切ったことをつらつら書いた~~。


*前回の観察を見る
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://kentamama.blog59.fc2.com/tb.php/315-e8b28916
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
我が家のエゾアカガエルさん達
(まだ しっぽの残ってるのが多かったけど)
卵のあったとこにお返ししてきました
水温なんぞ全く気にせず ドボドボー・・
っと やっちまいましたが
心臓の強い子達だったのか
ちょうど水温が合致してたのか
元気に帰って行きました(汗;)

でも しばらく娘と
「もう 誰もおひたしはくれないからね」
と言い聞かせて
後ろ髪を引かれる思いで
帰ってきました
本当に子の教育材料とはいえ
生き物にとっては迷惑なことでしょうなぁ・・
Posted by K at 2007.06.03 19:43 | 編集
おぉ~っ!!!
ジャングルだぁ~、虫がウヨウヨっぽいね~。
でもって・・・何匹いるかって???
うぅ~ん・・・3匹!!!
Posted by メイママ at 2007.06.03 20:42 | 編集
Kさん>
今年の5月半ば・・エゾアカガエルの1年生を初めて見たよ。
(たぶん初めての冬眠を乗り越えたヤツ)
2センチくらいの大きさだったかなぁ~正直、驚きがあった。
「この程度にしか育たないものなのか・・」ってねぇ。
産卵場所に来る母さんガエルって何年くらい生きてきたんかなぁ~と、
今まで考えたことないこと考えた(@_@)

確かに生き物にとっては迷惑だよねぇ~(・_・;)でもね
世話して、育てて、見つめてみないと解らないことってあるよね。
返す時に「この子たち生きて行けるかなぁ」と心配できるお子様なら、
キャンプ場の炊事場でシャンプーするような馬鹿モノには
育たないと思うよぉ~~。(←極端だが)ま、そんなトコ( ̄∇ ̄)
Posted by kenta at 2007.06.03 21:43 | 編集
そうそう、いざ元の場所に戻そうにも春先と
今時期は風景が変わっていて、ちょっと迷い
ます。
それと、厄介なブヨや蚊なんかが飛んでいて
ゆっくり観察出来ません。
Posted by えぞっ子 at 2007.06.03 21:43 | 編集
北海道って春になったと思ったら速攻で夏に向かう感じですね。
スピードが速い!

…一匹も見つけられない…老眼だ…
Posted by 三パパ at 2007.06.03 21:48 | 編集
メイママさん>
そうそう!虫がウヨウヨっぽい!
でもね、じっくりどこかに集中してる余裕はなかった。
暑かったし、湿地地帯だからブヨ&蚊がわんさか~~~
スキンガード5分おきよ!

写真の中に何匹いるか・・正解は13匹でした♪
残念だったねぇ~~~( ̄∇ ̄)おほほほほ。
Posted by kenta at 2007.06.03 21:50 | 編集
えぞっ子さん>
(メイママさんに返事してる間に・・)
子供が「ねぇ、遭難とか・・しないよね・・」とやたらビビってました( ̄∇ ̄)
Posted by kenta at 2007.06.03 21:54 | 編集
三パパさま>
はい!猛スピード速いですっ!!!
ぐずぐずしてたら、<大きい文字>えっ?<大きい文字>と言う間に秋。
そして冬ですから( ̄∇ ̄)。
めちゃくちゃテキパキ季節が動きます。・・ワタシはもたもたのぐずぐず。
Posted by kenta at 2007.06.03 21:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。