FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.09.20

秋のお散歩だった。

秋の山道-3
誰が言ったかシルバーウィーク。

一日目の昨日は午前中に庭の片付けをこなし、
午後からは玄関掃除をし、
気がつけば午後3時になっていた。

せっかくの連休、何もしないで過ごすのももったいないし、
だからといって今から出かけるのも面倒なので、
とりあえず散歩....歩いて10分野草園へ。

山道-1
目的は別に無く、展望台までのろのろ登る...


秋の山道-植物
カサカサ枯れ葉、ポキポキ枯れ枝、踏み踏み。


嵐山頂上付近
歩いて、登って、展望台に到着。


旭川市街中心部
あれ?川のまわりがすっきりして見える...。


秋の田んぼ
田んぼの黄色は秋の色。


さて、まったりしてたら日が暮れてしまうので、山下りる。


途中でコウモリの死骸を発見した。

嵐山のコウモリ
お亡くなりになってそう時間が経っていないらしく、フレッシュな死骸。
とくに外傷も見当たらず、何が原因でお亡くなりになったのか?

持って帰る趣味もないので、木の根元にそっと置いていくことにした。

山を下りて、手洗いのついでに管理センターに寄り道...
秋の植物写真が展示してあったので眺めていたら、
管理センターの人の会話が気になって立ち聞き。

少し前、センター近くでエゾリスの死骸を確保し、
今から某所へ届けに行くらしい。

状態の良い野生動物の死骸は、
剥製にして博物館やらの展示物にするようだ。

ふと、「あのコウモリのフレッシュ死骸はどうだろか?」と思い、
管理センターの職員さんにカメラの画像を見せてみた。

「ああ、いい状態ですね。置いてきた場所は覚えていますか?
一緒に確保しに行ってください。」

「え?今からですか?」

「今からです。虫や他の動物に傷つけられたら価値がなくなりますから。」

コウモリの死骸は、
コウモリを研究している某先生のもとへ届けたいとのこと。

結局、今下りてきた山道を、また、登ることになってしまった。

しかも大急ぎで。

目的の無い散歩のはずが、急に外部から目的を持たされた。
ここは、目的ができて張り切るところなのか?
それとも、面倒くさい気分でいくところなのか?

そんなことを考えている間もなさそうな夕暮れ迫る山道を
........気がついたら走っていた。

秋の山道-2
さくさく歩けば展望台まで30分程度の山だけど、
走って登るのは辛くてキツい。
汗が目に入ると痛い。

やっと見つけて、現場写真を撮って、センターに戻ってきたのは
山の向こうにお日様が隠れる寸前のことだった。

すっかり息が上がって汗だくの自分たちに、
センターのおじさん達がくれたのは...

「ありがとうございました。また、何か見つけたらよろしくね。」

ねぎらいのお言葉だけ.........(ジュースぐらい奢ってください。)

連休初日後半に良い行いをしたのか、
余計な行いをして損をしたのか、微妙な気分になったけど、
博物館等の展示物である野生動物の剥製が、
その目的のために殺されたものだけでなく
このような自然死した(?)物を再利用(?)もしているのだと
子供が身をもって学べたのだから...
「やっぱりちょっと得したのかな?」と思うことにしたのだった。

ママのバナー  子供バナー
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://kentamama.blog59.fc2.com/tb.php/772-28929293
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
なかなか大変でそれでいて良い経験をなさったようですね。
自然に死んでいるものを剥製にする。
初めて知りました。

のんびり流れていたはずの時間が最後で大逆襲の高速回転!
お疲れ様でした。
Posted by 三パパ at 2009.09.21 09:04 | 編集
三パパさま>
ジャンガリアンハムスターくらいの大きさのコウモリでした。
死骸でしたが実際に触ったのは初めての経験でした。
拾いに行かされたのも初めてでしたが( ̄∇ ̄||)。。
Posted by kenta at 2009.09.22 10:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。