FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.09.22

鮭の遡上

鮭の遡上-1
増毛町の暑寒別川に鮭の遡上を見に行ってきました。

河口間際の波間に、鮭、跳ねます。
放流されたサケたちが長旅を終えて、
故郷の川をめざして帰ってくるのです。

鮭の遡上-2


河口から150メートルのあたり

鮭の遡上-3
すでに体は傷だらけ


鮭の遡上-4
がんばっている姿を見ると応援してしまう

「さらにガンバレ」と「まだまだ序の口だぞ」と


河口から橋までが約150メートル
そこからさらに100メートル川上に1mくらいの高さの堰

鮭の遡上-6
これを「飛び越えろ」とは...


鮭の遡上-5
躊躇しているのか  力を溜めているのか  堰の手前は大渋滞



鮭の遡上-7
飛び越えた鮭達

ここで産卵行動する物もいる


鮭の遡上-8
生きているのが不思議なほどに傷だらけ


鮭の遡上-9
そして旅のおわり


鮭の遡上-10
おわりのあと


子供を連れて、初めて鮭の遡上を見に行ってきたのです。
河口間際の波の中に、挑むような鮭の顔が無数に見えた時
ちょっと「ぞ」っとしたかもしれません。
傷つきながら、流れ来る水に押し戻されながら川を上る姿には
「がんばれ」とか「えらいなぁ」とか「すごいなぁ」とか
「つらそうだなぁ」とか、いろんなことを思いました。

子供バナー   ママのバナー
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://kentamama.blog59.fc2.com/tb.php/773-78c16201
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
私も是非一度この目で見てみたい。
kentaさんのように、いろんな思いが浮かんでくるんでしょうね。
Posted by 三パパ at 2009.09.22 08:21 | 編集
三パパさま>
この日の夕食は『いくら丼』です(〃 ̄∇ ̄〃)v
Posted by kenta at 2009.09.22 10:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。